2021年 ポイ活に確定申告は必要?知っておきたい税金のことを初心者向けに解説!

ポイ活
この記事は約6分で読めます。

ポイントサイトで得られた収入って申告対象なの?
クレジットカードで得られたポイントはどうなんだろう?

今回はそんな疑問にお答えします。

テレビやSNSでも話題の「ポイ活」。特にポイントがたくさん得られるポイントサイトは手軽に始められる副業で知られているので、やっている方も多いかと思います。

ポイ活をしてある程度収入が得られると頭に過ぎるのが確定申告。「このポイント収入は確定申告が必要なのか?」と疑問に思う事はありませんか?

結論を言うとポイ活で得たポイントも確定申告が必要です!

給与所得がある方は年間20万円を超えるポイントを獲得した場合、給与所得がない方は年間48万円を超えるポイントを獲得した場合に確定申告が必要となります。

この記事ではポイ活をしていて知らず知らずのうちに脱税していたということにならないように、確定申告が必要となるケースを初心者さん向けに分かりやすく解説します。

ポイ活で確定申告の対象となる人は?

① 給与所得有りで副業収入が20万円を超える場合

給与をもらっているサラリーマンの場合は、副業の所得(雑所得)が1年間で20万円を超える場合は確定申告が必要です。

ただし副業所得(雑所得)が20万円以下であれば、確定申告は免除されますが

  • 医療費控除
  • 住宅ローン控除(初年度)
  • ふるさと納税

など、何らかの理由で確定申告をする場合は、副業所得(雑所得)が20万円未満であっても申告が必要となります。

住民税については、1円でも副業収入があれば申告が必要になります。

申告が漏れると後から追加徴収されるケースがあるため、お住まいの市民税課に確認しておきましょう。

②給与所得無しで副業収入が48万円を超える場合

給与をもらっていない場合(自営業やフリーランス、専業主婦など)は、副業の所得(雑所得)が1年間で48万円を超える場合は確定申告が必要です。

ただし、住民税は43万円を超えると申告が必要となります。

住民税は自治体により非課税となる金額が異なるので、お住まいの自治体の市民税課などに確認してみましょう。

ポイントサイトで得た収入は確定申告が必要?

ポイントサイトやアンケートサイトなどのお小遣いサイトで得たポイント、アフィリエイトで得た収入は「雑所得」にあたり、確定申告が必要になります。

基本的にはポイントサイトで得たポイントは全て申告対象になります

「雑所得」には主に以下の収入が該当します。

  • アフィリエイトで得た収入
  • アンケートサイトの報酬
  • ポイントサイトで得たポイント
  • メルカリ・ラクマなどのフリマアプリの売り上げ
  • 公的年金
  • FXや仮想通貨
  • 株主優待券
  • 講演料や原稿料、著作権使用料など

雑所得は以下の計算で算出できます。

雑所得の金額は、(1)と(2)との合計額で算出します。

(1) 公的年金等
公的年金等の雑所得=収入金額 ー 公的年金等控除額 

(2) 公的年金等以外のもの
 その他の雑所得=総収入金額 ー 必要経費 

ポイントサイトなどのお小遣い稼ぎの場合は(2)のケースになるので、総収入金額から必要経費を引いた金額が、給与所得有りであれば1年間で20万円以上、給与所得無しであれば48万円以上の場合確定申告が必要となります。

必要経費は主に以下の物が挙げられます。

  • 通信費
  • 電気代
  • ブログのサーバーやドメイン代
  • スマホ、タブレット、PC
  • 教材   等

通信費や電気代は副業で使用した割合によって算出した金額を経費として挙げることができます。

ポイントサイトでの案件利用で支払った金額(テンタメやクレジットカードの年会費など)も経費として計上できます。

メルカリで得た収入は確定申告が必要?

メルカリやラクマなどのフリマアプリで、洋服や生活用品等の不用品を売って得た売り上げは、基本的には譲渡所得(非課税」となるため確定申告は必要ありません。

ただし、以下のケースは課税対象となります。

  • 1点30万円以上の貴金属、美術品等の売り上げ
  • ハンドメイド雑貨の販売や転売での売り上げ

上述の課税対象となる譲渡所得が生じた場合には、売り上げから必要経費を差し引いた金額が、

給与所得がある方:20万円以上の場合
給与所得がない方:48万円以上の場合

に確定申告が必要となります。

利用している人のほとんどは不用品を売ってると思うので、確定申告の必要はないですね!

参考:【公式】メルカリガイド

クレジットカードやショッピングで得たポイントは確定申告が必要?

クレジットカードを利用して得られたポイントや懸賞当選金などは「一時所得」にあたり、50万円以上の収入を得た場合は確定申告が必要となります。企業のキャンペーンで大量のポイントが当選した場合も「一時所得」になります。

「一時所得」には主に以下の収入が該当します。
クレジットカードやショッピング時(楽天市場など)に獲得したポイントは、以下の「 法人からの贈与金品」に該当します。

  • 懸賞の当選金や賞品
  • 競馬・競輪などの当選金
  • 保険の一時金や満期返戻金
  • 法人からの贈与金品
  • ポイントで交換した景品
  • ふるさと納税の返礼品
  • 謝礼(報酬的なものを除く)

SNSで一時期流行っていた競輪サイトでの当選金は「一時所得」に当たります。当選金が50万円を超える場合は注意が必要です。

一時所得は以下の計算で算出できます。

一時所得=「一時所得の対象となる総収入額」-「収入を得るために支出した金額」-50万円(特別控除)

上述の通り一時所得には「年間50万円までの特別控除」があるため、クレジットカードやショッピングの利用で獲得したポイント数が年間で50万円を超えなければ、確定申告は必要ありません。

ショッピングで得たポイントでも、そのお店でしか使えないポイントの場合は「一時所得」に該当しません。

例えば普段行くドラッグストアで100円のお買い物につき1ポイント貯まり、500ポイント貯まったらお買い物券として利用できる場合。この場合は「値引き(割引券)」の扱いになり、課税対象となりません。

ポイントで得た収入が所得になるタイミングは?

ポイントで得た収入が所得の扱いになるタイミングは以下のいずれかになります。

  • ポイント付与時(ポイントが確定したタイミング)
  • ポイント使用時(ポイントから換金したタイミング)

お住まいの自治体によって扱いが異なる場合がありますが、一般的には「ポイントが付与されたタイミング」が所得になるケースが多いそうです。

まずはお住まいの税務署や市民税課に確認しましょう。

ポイ活に確定申告は必要?まとめ

ポイントサイトやアンケートサイトなどのお小遣いサイトで得たポイント、アフィリエイトで得た収入は、以下のケースで確定申告が必要になります。

  • 給与所得有りで副業収入が20万円以上ある方
  • 給与所得無しで副業収入が48万円以上ある方

申告が漏れると後々追加徴収されて大変なことになるので、今の内に税金の知識を正しく身に着けて必要な場合は忘れずに確定申告をしましょう。

申告に必要な書類を自動で作成してくれる確定申告ソフトもおすすめです。

\ 初めての方でもラクラク確定申告! /

またポイントサイトを利用していて「これは収入にみなされるの?」「申告は必要?」など、わからないことがたくさんあるかと思います。お住まいの税務署へ相談すれば答えてくれるので、分からないことがあれば確認してみましょう。

こちらの本も分かりやすくてオススメです。

お金のこと全般について学びたい場合はこちらもおすすめです。

簡単に収入が得られるポイントサイト。税金の知識も正しく身に着けた上で、楽しくお小遣い稼ぎしましょう!

私が稼いでいるポイ活おすすめサイトはこちらでまとめているので合わせてお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました