NISAのメリット・デメリットを分かりやすく解説!実際の利益はどのくらい得られる?【初心者向け】

資産を増やす
この記事は約8分で読めます。

NISAってよく聞くけどどんな制度なの?
利益はどのくらい得られるの?

今回はそんな疑問にお答えします。

NISA(少額投資非課税制度)は、年間120万円までの株式や投資信託による投資から得られる利益を非課税で運用できる制度のことです。

株を売却した場合は通常利益から税金が20.315%引かれますが、NISAの場合は最長5年間非課税となります。

つまり5年間運用すれば、年間120万円×5=600万円までが非課税枠として運用することができます。

NISAと比べられる制度で「つみたてNISA」がありますが、つみたてNISAについてはこちらの記事でまとめているので合わせてお読みください。

今回はNISAのメリット・デメリットや、1年間運用した結果どのくらい利益が得られたのかを紹介したいと思います。

NISAとは

  • 非課税期間は最長5年間
  • 非課税投資枠は年間120万円まで
  • 非課税期間終了後はロールオーバー(翌年の非課税枠へ移管)ができる

NISAの制度には「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」と3種類あります。

20歳以上の日本国内在住の方が加入できるのは、「NISA」か「つみたてNISA」のどちらかとなります。

つみたてNISANISAジュニアNISA
対象者日本在住で20歳以上日本在住で20歳以上日本在住で0歳~19歳
投資額年間40万円年間120万円年間80万円
非課税期間最長20年最長5年最長5年
実施期間2042年まで2023年まで2023年まで
対象商品投資信託上場株式、ETF、投資信託等上場株式、ETF、投資信託等
払出制限なしなし18歳まで払出不可

NISAのメリット

  • 年間120万円×5年=600万円まで非課税で投資できる
  • 投資で得た利益(配当金や売却益)は全て非課税
  • 非課税期間が(5年)が終了してもロールオーバーできる
  • いつでも引き出し可能

年間120万円×5年=600万円まで非課税で投資できる

NISAの一番のメリットは、年間120万円までの資金を非課税で投資できることです。

通常投資で利益を得た場合は、利益に対して20.315%の税金がかかりますが、NISAでは非課税扱いになります。

20.315%って大きいですよね。
例えば株式投資で100,000円の利益が出たとしても、20,315円は税金で取られてしまうのです…

非課税期間は最長で5年間なので、毎年非課税枠いっぱいまで投資をすれば、最大で600万円までの資金を非課税で運用できます。

また、非課税期間中に売却すれば税金は一切発生しません。

投資で得た利益(配当金や売却益)は全て非課税

NISAでの利益とは、以下の2つあります。

  • 売却時に得られた利益
  • 配当金

1年間でNISAに投資できる最大の金額は120万円と決められていますが、利益に対しては非課税の枠が設けられていないため、これらが無制限で非課税となります。

つまりNISAを活用すれば、利益をそのまま自分の資産にすることができます。

また非課税なので面倒な確定申告の必要もありません。

非課税期間が(5年)が終了してもロールオーバーできる

NISAによる5年間の非課税期間が終了しても、ロールオーバーすることができます。

ロールオーバーとは

保有している金融商品を翌年の非課税投資枠へ移管すること。

ロールオーバーには上限の金額はないため、その金融商品の時価が投資上限額の120万円を超えていても、そのすべてを移動することができます。

ただし、新NISAが2024年に開設されるのに伴い、2019年以降に従来NISA口座を開設した人はロールオーバーができず、新NISAに移行することになります。

新NISAは

①20万円の枠で金融庁の基準を満たした投資信託を選ぶ
②102万円の枠から現行NISAから一部除いた金融商品を選ぶ

という2段構えの仕組みになります。
これにより非課税枠は年間合計122万、5年間で610万円に増えることになります。

いつでも引き出し可能

NISAはいつでも引き出すことができます。

万が一の怪我や病気など急にお金が必要になった時に、いつでも解約して現金化することができるので、安心して利用できます。

NISAのデメリット

  • 元本割れの可能性がある
  • 非課税枠は翌年以降持越せない
  • 損益通算や繰越控除ができない

元本割れの可能性がある

NISAの運用の結果によっては元本割れを起こす可能性があります

元本割れ」とは、金融商品の価格が当初購入した金額(=当初の元本)よりも下回ってしまうこと。

非課税枠は翌年以降持越せない

NISAは、余った非課税枠を次の年に持越すことができません。

例えば今年の投資金額が100万円で、残りの非課税枠が20万円だった場合、次の年にその非課税枠20万円を持越して140万円投資するということはできません。

損益通算や繰越控除ができない

NISAでは損益通算や繰越控除の対象ではありません。

損益通算とは、複数の金融機関で資産運用をしている場合の利益と損失を相殺し、「本来の利益」をもとに税金を計算する仕組みです。

繰越控除とは、損益通算で損失を引ききれない場合、残った損失分を3年間にわたって繰り越し、翌年以降の利益から差し引くことができる仕組みです。

例えば「口座Aでは50万円の利益、口座Bでは20万円の損失」の場合は、損益通算の対象であれば50万円から20万円を引いた30万円が本来の利益となり、税金計算されます。このおかげで税金の負担が軽くなります。

ですがNISAの損失は損益通算や繰り越し控除の対象外のため、20万円の損失が出た口座BがもしNISA口座だったとしたら、50万円の利益をもとに税金を計算することになります。 

NISAの非課税期間が過ぎたらどうなるの?

NISAの非課税期間の5年間が終了したときには、以下のどれかの対処が必要となります。

  1. ロールオーバーして非課税枠で持ち続ける
  2. 課税口座で引き続き運用する
  3. 売却して現金にする

ロールオーバーする

ロールオーバーをすることで、翌年の非課税枠に持ち越すことが可能です。

この場合、ロールオーバーする金額が40万円だとしたら、その年の非課税枠は120万円-40万円=80万円となり、80万円までの投資が非課税となります。

ロールオーバーは株式を購入した証券会社にて所定の手続きを行う必要があります。もしする場合は忘れずに手続きを行うようにしましょう。

※新NISAが2024年に開設されるのに伴い、2019年以降に従来NISA口座を開設した人はロールオーバーができず、新NISAに移行することになります。

課税口座で引き続き運用する

5年間積み立てて保有した投資商品を、売却せずに引き続き運用したい場合は、特定口座や一般口座と呼ばれる課税口座で運用を継続することができます。

その場合、自動的に非課税口座から課税口座(特定口座や一般口座)に移管されるため、特別な手続きは必要ありません。

売却して現金にする

一番簡単な方法が「売却して現金化する」です。

5年経ってから売却するのも一つの手ですが、5年待たなくても、投資した金融商品が値上がりしたタイミングで随時売却すれば、売却益を非課税のまま受け取ることができるので、随時売買を行って利益を得ていくのが良い方法かと思います。

NISAの実際の利益は?

私は初めの1年は「NISA」を利用していましたが、2年目から「つみたてNISA」に切り替えました。1年目で購入した株式は継続して持っていて、一部の株式を売却した時に利益が出たので、その時の利益を公開したいと思います。

「NISA」か「つみたてNISA」はどちらかしか加入できませんが、1年に1度だけ変更することが出来ます。その場合、「NISA口座」で購入した株式は、途中でつみたてNISAに切り替えたとしても、期限を迎えるまで(最長5年)は非課税扱いとなります。

私の場合、NISAは株主優待目当てで株式を購入しました。

その時選んだ株は「カゴメ」の株でした。
2019年に100株「250,000円」で購入し、2020年に売却した時は「362,000円」でした。

つまり売却により得られた利益は112,000円です。

本当は売却した時より、もう少し後にさらに株価が上がったのでタイミング的には少し惜しかったのですが、それでも10万円以上も利益が得られたことに驚きました。

こちらは2020年に貰えたカゴメの株主優待品です。こんなに豪華な物が貰えました!

株主優待で豪華な優待品が貰え、配当金も貰え、さらに売却時に利益が得られるので、3重においしい思いをすることができました。

ですが、たまたまこの株式に関しては利益が得られましたが、マイナスになってしまっている株式もあります。こちらは200株購入していますが、-48,600円になっています。

このようにNISAでは売り時・買い時を見極めて運用していく必要があります。

NISAのメリット・デメリットまとめ

NISAのメリット・デメリットと実際に得られた利益について紹介しました。

NISAのメリット
  • 年間120万円×5年=600万円まで非課税で投資できる
  • 投資で得た利益(配当金や売却益)は全て非課税
  • 非課税期間が(5年)が終了してもロールオーバーできる
  • いつでも引き出し可能
NISAのデメリット
  • 元本割れの可能性がある
  • 非課税枠は翌年以降持越せない
  • 損益通算や繰越控除ができない

投資を始める前に勉強したい場合は以下の本がおすすめです。

株主優待が目当ての方にはとってもおすすめなNISA。制度の仕組みをしっかり理解した上で、皆さんも是非検討してみて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました