楽天カードのメリットデメリット。評判は?主婦でも発行できる?

クレジットカード
この記事は約6分で読めます。

楽天カードって評判良いの?メリットデメリットについて知りたい。
主婦でも発行できる?

今回はそんな疑問にお答えします。

楽天カードは大手企業の「楽天」が発行するクレジットカードで、たくさんのメリットがあります。

12年連続顧客満足度1位(※2020年度 日本版顧客満足度指数調査)の実績から、評判も良く安心して利用できるカードです。

還元率が1%と高く、年会費がずっと無料なのでご家庭で必ず1枚は持っておきたいカードです。

我が家では楽天カードをメインカードにして、ポイントを集約化しています。コツを掴めばポイントがザクザク貯まりますよ!

貯まったポイントはクレジットカードの支払いに充当できたり、「楽天市場」での買い物や、楽天ポイントカード加盟店で使えたりするので、幅広く利用できます。

この記事では楽天カードのメリット・デメリットや楽天ポイントの活用法について詳しく紹介していきます。

楽天カードでは新規入会&カードの利用で楽天ポイントが貰えるキャンペーンが随時開催されています。お得な機会に是非発行してみて下さいね!

\ こちらから発行できます /

楽天カードのメリット

楽天カードにはメリットがたくさんあります。

楽天市場や楽天銀行、楽天証券、楽天トラベルなど楽天関係のサービスが多く、楽天のサービスを利用すればするほどポイントが貯まります!

主婦やパートの方でも発行可能です。

それでは楽天カードのメリットを順に見て行きましょう!

年会費無料

楽天カード年会費無料で発行できます。

条件無しにずっと無料なので、使っても使わなくても無料で持ち続けられます。

国際ブランド

楽天カードの国際ブランドには、VISAMastercardJCBアメックスの4種類があります。
4種類の内、MastercardVisaブランドはタッチ決済対応です。

ポイント還元率が1%

お買い物で楽天カードを使うと、100円の支払いにつき楽天ポイントが1ポイント貯まります

楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類あり、それぞれ有効期限が異なります。

通常ポイントは楽天カード利用で貯まったポイントのことで、有効期限は最後にポイントを獲得した日から1年間となります。期間内に1度でもポイントを獲得した場合は有効期限が延長となります。

期間限定ポイントは特定のキャンペーンなどで付与されたポイントのことで、それぞれ固有の有効期限が設けられています。

さらに街のポイント優待店舗で楽天カードを使うと、100円につきポイントが1.5~3倍貯まります。以下は一例ですが、例えばローソンや高島屋で楽天カードを使って買い物した際はポイントが2倍になります。

ポイントがザクザク貯まる

楽天カードは他のクレジットカードに比べてポイントがザクザク貯まりやすいです。

例えば楽天市場のお買い物で楽天カードを利用すると、ポイントが3倍になります。

さらに楽天グループのサービスを利用すればするほど、楽天市場でのポイント還元率が高くなるSPU(スーパーポイントアッププログラム)制度があり、通常の利用と比べて最大16倍のポイントを獲得が可能です。

また楽天お買い物マラソンや楽天スーパーセールの買い回りも合わせれば最大44倍のポイント獲得が可能です。

ポイント獲得の秘訣はこちらの記事にまとめているので、あわせてお読みください。

以下は私の直近の楽天ポイント獲得数です。

楽天お買い物マラソンや楽天スーパーセールでの買い回りを利用したことで、ひと月に最高20,000ポイント以上も獲得することが出来ました。

楽天ポイントは1ポイント=1円で使えるので、2万円の臨時収入が入った気分です!

2018年から楽天カードを利用していますが、だんだん楽天ポイントを獲得するコツを掴んできて、通算獲得ポイントは10万ポイントを超えました。

このようにコツを掴めばポイントがザクザク貯まります。

カードのデザインが選べる

選べるカードのデザインが豊富なので、自分の気に入ったデザインで発行することが出来ます。

安心・安全のセキュリティ対策

登録メール宛に楽天カード利用の速報メールが来たり、24時間365日監視されているため、不正検知された場合は早急に確認の電話・または連絡が来て対処してもらえるので安心して利用できます。

楽天カードのデメリット

楽天カードのデメリットは以下の2つあります。

紙の利用明細が有料

楽天カードは紙の利用明細を発行するのに76円(税抜)の手数料がかかります。毎月利用明細が出ると、1年間で912円(税抜)の手数料が発生します。

ただしWeb明細を使うと、手数料無料で、会員サイト「楽天e-NAVI」で過去13ヵ月分の利用明細を確認できます。

ETCカードが有料

ETCカードには500円(税抜)の年会費が発生します。ただし、ETCカード年会費請求月の楽天PointClubの会員ランクがプラチナ・ダイヤモンドだと、年会費無料となります。

楽天ポイントの使い道

貯まったポイントは1ポイント=1円として以下の利用方法があります。

  • 楽天市場のお買い物
  • 楽天トラベルで利用
  • 楽天ポイントカード加盟店で利用
  • 楽天ペイ加盟店で利用
  • 楽天カードの支払いにポイントを充当する
  • 楽天証券でポイント投資ができる
  • 他社(ANAマイレージ、楽天Edyなど)のポイントに交換する

個人的には楽天証券でのポイント投資がオススメです!
私は積み立てNISAの月々の支払にポイントを充当しています。

いきなり投資をするのが心配な方は「楽天ポイント運用」という気軽にポイントを運用できるサービスもあります。こちらは放っておくだけでポイントが増えていきます。

ポイントの利用方法もたくさんあるので、ポイントの使い道に困りません。

楽天カードのメリット・デメリットまとめ

今回の記事では楽天カードのメリット・デメリットについて詳しく紹介しました。

≪メリット≫

  • 年会費永年無料
  • 主婦やパートの方でも発行できる
  • ポイント還元率1%
  • ポイントがザクザク貯まる
  • カードのデザインが豊富
  • 安心・安全のセキュリティ対策
  • ポイントの使い道がたくさん

≪デメリット≫

  • 紙の利用明細が有料
  • ETCカードが有料

いかにメリットが多く、お得なカードだということを分かっていただけたでしょうか。

私は楽天市場での買い物や楽天関連サービスの活用、キャンペーンによって、毎月多くの楽天ポイントを獲得しています。

獲得したポイントは自分のお小遣いとして、ミスドやマクドナルドでのポイント払いや、楽天市場での買い物で日々のストレスを発散しています。

皆さんも上手く楽天カードを活用してお小遣いゲットしてみませんか?
とってもお得な楽天カード、是非発行してみて下さいね!

\ 永年年会費無料! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました